ミネラルウォーター

ミネラルウォーターを始めよう!

ミネラルウォーターを始めよう!では、上手なミネラルウォーターとの付き合い方を提案します。おすすめランキングや最安値、激安ショップ、添加物や効果なども解説しています。賞味期限には気をつけましょう!

ミネラルウォーターの定義とは?

会津磐梯山 イメージミネラルウォーターと一般的に言われる水について、どういう決まりごとがあるかご存知ですか?ここでは、ミネラルウォーターの定義について解説します。日本では農林水産省が、ミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインを策定しています。

全文を引用して以下に掲載するので、気になる方は熟読して下さい。ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルドウォーター(飲用水)の4種類に分類されています。

ア 特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものに
  あっては、「ナチュラルウォーター」と記載すること。

イ ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機
  塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む。)をいう。)を原水としたも
  のにあっては、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載することができる。

ウ ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のためにミネラルの調整、ばっ気、複数の水
  源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われているものにあっては、「ミネラルウォーター」
  と記載すること。

エ ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のものにあっては、「飲用水
  」又は「ボトルドウォーター」と記載すること。

抜粋:ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン

アの中に、イがあって、イを混ぜたり調整したものがウで、ア・イ・ウに該当しないものはエです。
イのナチュラルミネラルウォーターが、一番厳しい基準と言えるのではないでしょうか。

ナチュラルミネラルウォーターの人気銘柄

日本の基準とはまた異なりますが、エビアンは日本の基準よりも厳しいEU基準のナチュラルミネラルウォーターです。硬度は304で硬水に分類されます。ボルビックもエビアンと同じくEU基準を満たしています。硬度は日本人に馴染みやすい60の軟水です。サントリーの天然水(南アルプス・奥大山・阿蘇)は国内基準を満たしています。最近、ウォーターサーバーでの宅配サービスも始めています。ウォーターサーバーで言えば、フレシャス・クリティアが富士山の天然水を使ったナチュラルミネラルウォーターです。

水の宅配サービスはこちらでチェック>>>水 宅配

メニュー

ミネラルウォーターを始めよう! トップへ戻る

一眼レフの基礎用語